院内・設備紹介
Facility

受付

ご来院いただきましたら、まずは受付までお越しください。

待合室

落ち着いた雰囲気となっています。本や雑誌を取り揃えていますので、ご自由にご覧ください。

診療室

リラックスして治療を受けていただけるよう、ゆったりとした診療台をご用意しております。

モニター完備

治療内容を言葉で説明されてもわからない…。そんな経験をお持ちの方も多いかと思います。当院では、患者さんにモニターでお口の中の画像をご覧いただきながら、治療内容を視覚的にわかりやすくご説明します。

衛生室・滅菌器

歯科治療では唾液・血液が器具に付着するため、滅菌の徹底がとても重要です。当院では、滅菌器の中でも、「クラスB」と呼ばれる世界的に高水準のものを導入しています。使用した器具はこの滅菌器で滅菌し、患者さんごとに取り換えて院内感染防止に努めています。

レントゲン室・CT

歯科用CTは3Dの立体映像でお口の中を撮影できます。歯、神経、血管の位置、顎の骨の厚みなどを明確に映し出せるため、平面的なレントゲンよりも精密な診査・診断を行うことができます。

レーザー機器

むし歯治療・知覚過敏・歯周病などの治療では、レーザー治療を行います。出血や腫れを抑えられますので、痛みが少なく、術後の回復も早まります。

拡大鏡とダイアグノデント

ダイアグノデントとは歯にレーザーを当て、むし歯があるかどうかを調べる機械です。鋭利な器具でむやみに歯を傷つけることなく、肉眼では見えないような小さなむし歯も発見することができます。
肉眼では見えにくいむし歯などは、拡大鏡(ルーペ)で拡大視して治療をします。むし歯の取り残しや歯の削りすぎを防ぎ、患者さんになるべく少ない負担で精密な治療を提供します。

ノーベルガイド・外科キット

インプラントを正確に埋入できるように、歯科用CTで撮影した立体映像をもとに「サージカルガイド」と呼ばれるマウスピース状の手術指標を製作して手術を行っています。当院では、安全性に配慮したノーベル・バイオケア社のノーベルガイドシステムと専用外科キットを使用しており、手術時の痛みや腫れ、出血などの負担軽減を図っています。

▲ページトップ